薄毛や抜け毛の原因になる?美髪になるためにやってはいけないこと!

 

髪の健康に良くないことをまとめてみました。

 

育毛剤の購入やシャンプーの見直しを検討される前にぜひ、チェックしてみてください♪

 

 

タバコを吸う

 

タバコに含まれるニコチンやタールは毛細血管を縮小させます
毛細血管の血流が悪くなると頭皮にも栄養が行きづらくなってしまいます

 

そのため、抜け毛の原因になってしまいます。
副流煙を吸うだけでも、血流が悪くなります。
タバコは吸わない&タバコの煙に近づかないことが大切です。

 

仕事中は動かないし、日常でも運動しない

 

運動をしないと筋肉が減っていきます。
その結果、低体温血流&代謝低下頭皮環境の悪化と悪循環になってしまいます。

 

無理な運動ではなく、日常的に続けられる運動を取り入れていくことが大切です。

 

 

夜の1時過ぎに寝ることが多い

 

深夜まで起きていると、髪が必要とする成長ホルモンの分泌が低下します。
成長ホルモンは眠ってからすぐに深い眠りに入ったときに最も多く分泌されます。

 

寝る時間が遅いと眠りにくくなったり、毛根部分の細胞分裂も減ります
ストレスも感じやすくなてしまうので、髪に良い環境とは言えません。

 

ファストフードをよく食べる

 

美味しいですし、たまには良いのですが、毎日食べているとなると、かなり栄養が偏ってしまいます。

 

炭水化物と脂質の摂りすぎになってしまい、髪に必要なたんぱく質、アミノ酸、ミネラルが不足しがちになります。

 

日傘や帽子をほとんど使用しない

 

紫外線を一番浴びているのは顔ではなく頭皮や髪の毛です。

 

髪は、紫外線で乾燥し、枝毛や切れ毛の原因になります。
また、頭皮も紫外線が原因で薄毛抜け毛になります

 

コーヒーをたくさん飲む

 

カフェインの摂りすぎは、髪にとってはあまりよくありません。

 

眠くならないので睡眠を妨げますし、体を冷やしてしまうので、血流を悪くしてしまいます。

 

1日午前中のうちに2杯程度飲むのがおすすめです。

 

お酒をよく飲んでストレスを発散する

 

寝る前のお酒や食べ物は、睡眠の質を下げてしまいます。
胃が消化活動に入るので、その分寝つきも悪くなってしまいます

 

そのため、髪にも悪影響を及ぼします。

 

スタイリングがめんどくさいのでニット帽を良くかぶる

 

頭皮が蒸れてしまって、頭皮のバリア機能が低下します。
また、頭皮の常在菌が繁殖しやすくなるので、においのもとになります。

 

なるべくかぶりっぱなしはしないほうがよいです。

 

太るとプチ断食などあまり食べない

 

食事制限によるダイエットは、必要な栄養素が髪に行かないので、薄毛の原因になります。
髪質も悪化して抜け毛の原因に。

 

髪のためにも体のためにもバランスの良い食事・適度な運動が大切です。

 

 

 

 

 

 

日常生活でも、健康な髪のためにできることがたくさんあります。

 

育毛剤やシャンプーを検討される前に、ぜひ、取り入れてみてくださいね♪